Blender

[tab]
editモードとオブジェクトモード切り替え
/
ローカルモード切替
h
hide(非表示)。もとに戻すときはAlt+h
Alt+h
hide取り消し
z
ソリッドモードからワイヤーフレームモードに切り替え
右クリック
オブジェクト選択(3Dviewのみ)
左クリック
カーソル操作(3Dviewのみ)

ゲームエンジン設定

physics type

Sensor

Occlude

Soft Body

Rigid Body

Dynamic

重力に引かれたり、他のオブジェクトにぶつかったり、質量を持ったり、摩擦したりします。

Actor

Staticと同じです。

Ghost

Staticと同じです。

Invisible

Staticと同じです。

User Material Force Field

Dynamic Materialsと相互作用します。

警告

現在これはデフォルトのbullet物理エンジンではサポートされていません。 Sumoエンジンでも完全にはサポートされていません。 Blender2.24では完全にサポートされています。

Rotate From Normal

オブジェクトを回転させるために法線を使います。 サーフィスの方向とは違う方向を指します。

No Sleeping

サッカーゲームのボールなど、 回転が止まったり、再開したいするようなオブジェクトに設定します。

回転の物理計算をしているオブジェクトがとまると、 それ以降の計算をする必要がないと判断して、計算をやめてしまいます。 本当にそれ以上回転しないものであれば、計算量が節約できてよいです。 しかし、再び回転運動を開始するようなものは、計算し続ける必要があります。

Attributes
Mass

質量の設定です。質量の大きいものほど、動かすのにより大きな力が必要です。

ノート

Massは落下速度には影響しません。 落下速度をあげるためにはgravityを上げます。(通常9.81) 落下速度を落とすにはdampeningを使います。

Radius

オブジェクトの見た目と実際の大きさの関係を変更することができます。

Form Factor

大きいほど転がりにくくなります。これは剛体(rigid body)がコントロールされる度合いです。

Anisotropic Frinction

Staticと同じです。

Verocity

移動速度です。

Minimum

速度の最小値です。

Maximum

速度の最大値です。

Damping

減衰を設定します。減衰はオブジェクトの自由度に影響します。 たとえば宇宙では減衰はほぼありません。 水中では減衰が高いです。

Translation

通常の減衰です。

Rotation

回転に影響する減衰です。 数値を高くするほど、回転しにくくなります。

Lock Translation and Rotation

オブジェクトの回転及び移動をXYZの軸の組み合わせのみに制限します。

Static

物理計算にはかかわりますが、重力の影響は受けません。 例えば、家や壁など動かないようなオブジェクトに設定します。

Actor

例えば壁についてるボタンなど、静止しているだけのオブジェクトだが、 背景とかではなく、他のオブジェクトの影響は受けたいオブジェクトに設定します。

Ghost

他のオブジェクトをすり抜けるようになります。 反発や摩擦などの計算を節約できます。 他のオブジェクトとの衝突は検出し、ゲームロジックに報告します。

Invisible

透明になります。

Radius

境界とする球形、material physicsの半径です。

Anisotropic Friction

XYZ軸それぞれの摩擦力を設定します。 異方性は特定の方向における摩擦に影響します。 例えば、スケボーのホイールは前方には転がりやすいですが、横方向には滑りにくいです。

No Collision

衝突を無効にします。 通常は、絶対に衝突しないようなオブジェクトに設定します。 設定すると衝突判定を行わないので、パフォーマンスが向上します。

Invisible

有効にするとレンダリングされなくなります。

No CollisionでInvisibleをTrueにすると、 衝突判定もしないし、レンダリングもされません。 例えば、設置オブジェクトを一時的に消し去りたい場合は、 これを設定することで、視覚的にも物理的にも存在しないものにすることができます。

Collision Bounds

衝突境界を設定します。 面ごとに衝突判定を行うと計算量が多くなるため、 性能の低いコンピュータでは処理しきれないことが多いです。 それを回避するために、球体や立方体などの決まりきった形状のものは、 定型的な衝突判定を行うことによって、計算量を減らします。

設定できる項目は

  • Capsule
  • Box
  • Sphere
  • Cylinder
  • Cone
  • Convex Hull
  • Triangle Mesh

ノート

くぼんだ形のオブジェクトを扱う一般的な方法は準備されていません。 コップの中でサイコロを動かす動きは計算するのが難しいのです。

Blenderのダウンロード

こちらからダウンロードができます。 http://www.blender.org/download/get-blender/

ソースも各環境用バイナリも配布しています。 Windowsに関してはzipファイルで配布されているのでインストール不要です。 (ファイルのコピーだけで実行できます。)

inserted by FC2 system