Git

Gitでpushを禁止する

間違ってpushしてしまわないための設定です。

git remote URL --push origin no-pushing

シンプルモード:

git config --global push.default simple

ブランチ名が異なるとpushしません。

不要なファイルの削除

gitで管理していないファイルの削除は次のようにします。:

$ git clean

ブランチ操作

ブランチをマージ後、revertした後再度マージする

ブランチをマージした後で問題が発覚し多場合revertすることがあります。 その後再度ブランチをマージしようとすると既にチェンジセットが入っているといわれてしまいます。

$ git merge $BRANCHNAME
Already up-to-date.

この場合revertしたチェンジセットをrevertすることができます。

$ git revert $CHANGESET
$ git merge $BRANCHNAME

renameされる前のログを追跡する

$ git log --follow

branch名をrename

今いるブランチの名前変更:

$ git branch -m NEWBRANCHNAME

OLDBRANCHNEAME -> NEWBRANCHNAME:

$ git branch -m OLDBRANCHNAME NEWBRANCHNAME

上書き:

$ git branch -M NEWBRANCHNAME

上書きは微妙に危険な香り...

branchの削除

local branch:

% git branch -d BRANCH_NAME

remote branch:

% git push origin :BRANCH_NAME
inserted by FC2 system